ワイヤレスチャイム リーベックス X810

2019年2月12日日常の理系

一昨年ほど前から、ちょっとした楽器の練習を始めた母のために、ワイヤレスチャイムを購入しました。
音に集中、そして二階で練習しているおかげで、玄関チャイムが聞こえない時があるようです。

【リーベックスX810】

購入したのは、リーベックス(Revex)のX810という受信機と送信機がセットになったワイヤレスチャイムです。

Amazonで1800円でした。

受信機は単3乾電池3本、送信機(チャイムボタン)はボタン電池(CR2032)2個で可動します。

仕様書によると、電池寿命:送信機/1年(10回/1日送信)、受信機/約3ヶ月(10回/1日受信)となっています。

受信機のチャイム音は16種類のチャイムが選択できます。
よって、別売りのチャイムボタンを利用すれば増設が可能です。
緊急用として、おトイレに設置するとかです。

チャイムボタンは屋外使用が基本なので防滴仕様です。
浴室用に防水仕様のチャイムボタンも別売りで用意されています。

玄関先に取り付けました。
付属している両面テープで貼り付けます。
一年近く経ちますが、接着されています。
雨も当たっているように見えます。
故障はしていません。

玄関には、以前からのチャイムボタンとリーベックスのチャイムボタンの2つのボタンが存在することになります。
配送屋さんは大きいリーベックスのチャイムボタンを押しますw

 

【良かった所】

ワイヤレスなので配線が不要なのが一番の利点です。
一階、二階とも繋がりました。(木造一軒家)

受信機は簡単に持ち運べます。
お庭に出ているときも、チャイムを手元で聞くことができるので、とても助かるとのことです。

私としては、
配送屋さんに迷惑がかからなくなったことと、
私のいない平日にネット通販の品物を確実に受け取れるようになったw
のが最大の利点です。

 

スポンサーリンク

【訪問者がいないのに鳴る・・・】

Amazonの低評価レビューをみると、耐久性に問題があるようです。

設置してから4ヶ月ぐらいたっても普通に動いていたので、もうひとつチャイムボタンを増設しました。
最初のチャイムボタンはオーソドックスなチャイム音、増設したチャイム音は「犬の声」に設定しました。
混信もなく正常に使えていました。

その頃からです。

朝方、お昼ごろ、夕方から夜にかけて、毎日ではありませんが、ベートベンの「エリーゼのために」が鳴るようになりましたw
IDコードを設定していないチャイム音です。

誰かが来たのかと、玄関に行ってみると誰もいません。
家の前は開けた道で、イタズラでもないようです。
救いなのは夜には鳴らないことです。(^m^;)
ま、夜中は受信機のパワーをオフにしておけばいいのですが・・・。

最初は、どこかの業者さんが発する何かの電波をキャッチして鳴るのかな、とも思いました。
が、製品仕様をみると、
「設定した同一IDコードのみ受信」とあります。
使われている315MHZ帯の電波はリモコン等でよく使われている周波数です。

原因がわかりません。

最初は「エリーゼのために」が流れると一応玄関に出ていた母でしたが、最近はもう無視しています。

 

【まとめ】

設置してから一年近く経ちました。

たまに「エリーゼのために」が流れますが、一日にチャイムの回数が少ないため、受信機の電池寿命も仕様書にある寿命よりもちます。
(今までに二回交換)

後は故障さえしなければ・・・・◎です。

スポンサーリンク