今さらですが、iPhone SEを使い始めました

2020年1月2日日常の理系

ブログタイトル通り、iPhone SEを使い始めました。

通話、メール専用スマホです。

【iPhone SEの魅力】

小さなサイズ感と高性能なのに安い価格設定
これに尽きます。

現在この大きさのスマホは新品ではありません。
液晶画面の8~9割を親指だけで操作できます。

私は英語入力はフルキーボード(QWERTY配列)で入力します。
iPhoneSEでは、P、O、Lキーあたりでも親指の先でタップできるので誤りがなくて助かります。

横幅はP20liteも最近の機種の中では小さいほうと思っていましたが、SEと握り比べるとその大きさにびっくりします。

さらにiPhone6sと同じCPUなのが心強いです。

外見・サイズは5sと同じで中身が6sとほぼ同じというのがSEです。

【中古品】

2018年秋に販売を終了したSEです。
ですから中古品を探しました。

購入したストアは「にこスマ」(旧らくスマ)です。

スペースグレイ
iOS 13.2.3
ストレージ 16GB
バッテリー最大容量 94%
価格 12.000

SIMフリーのiPhoneSEです。

一番氣になっていたバッテリー最大容量が94%だったのでこの端末にしました。
外観ですが、傷は・・・見当たりません。
新品みたいのが届きました。

梱包品はSE本体だけです。
こんな感じで梱包されていました。

充電器、SIMカード交換用ピンはこちらで揃えました。
ライトニングーUSB-Aの充電・通信用コードを購入して充電してます。
交換用ピンはゼムクリップを曲げたものを利用しました。

一ヶ月ほど運用しました。

SIMは音声SIMです。
問題なく動いています。
アンドロイドと設定方法、操作感もさほど変わらず、戸惑うことはあまりありませんでした。

一方、iPhoneのアイデンティティなのでしょうが、アプリがずら~~っと並んでいるUI(ユーザーインターフェース)はやっぱり不便に思いました。

とくにアプリをたくさん入れて使用する場合、ちょっと想像しただけでイヤになります。

その点、UIをカスタマイズできるアンドロイドのほうが使いやすいです。

スポンサーリンク

【まとめ、コスパ抜群です】

中古のiPhoneSEは安心・安定の実用ミニスマホとしてコスパ抜群です。

通話、メール専用と割り切ればストレージも16GBで十分ですし、バッテリーがヘタっていても交換可能です。
なにしろ、販売価格が安かったので、中古もそれなりな値付けなのがいいですね。

さらに販売終了品なのでアクセサリーも安いです。

シュピゲンのスマホケースも安かったですが、液晶保護フィルムも激安でした。
定価3,980円の二枚入りガラス保護フィルムが、某パソコンショップで98円で買えました。

カメラは使わないのでラップで塞いでます。

もちろん店頭にはなく、フィルムありませんか?と訪ねたところ、店員さんが倉庫から出してきてくれました。そのコンテナの中に入っていたモノの中の一つでした。

【SE2のウワサ】

ネットではSEの後継機が出るとのウワサがあります。

ただ、大きさはSEほどではないという情報もあります(なんでこんな情報がでるのかわかりませんw)
その新機種がSEのコンセプトを引き継いだiPhoneなら実用スマホとしてヒットしそうな気がします。

価格だけでもやす~~くしてくれませんか、アップルさん(*^^*)

スポンサーリンク