虎山の千本桜 2019 -東秩父村-

2019年4月4日埼玉県の秘密

平成の大合併によって埼玉県でも”村”は一つを残して消滅しました。
その残った一つの村が東秩父村です。

村として残りましたが、人口減少が著しく存続は難しいというニュースを読んだことがあります。

【虎山の千本桜】

下の地図は東秩父村です。

ほとんどが山の中です。

その東秩父村の春の観光資源が「虎山の千本桜」です。

ピンクのマルのあたりです。

深山の桜といえば、ヤマザクラ系の桜と思われがちです。

しかしここの桜はソメイヨシノです。

かつて採石場で荒れた山をなんとかしようと、地主の方が、山を整備してソメイヨシノを植栽したわけです。

現在も山道の整備、桜の植栽は続き、桜の本数は2千本にもなっているそうです。

2019年4月第一週目の桜の状況です。

パノラマ写真で撮ればよかったです。

数本、開花しているのもありますが、ほとんどの木がツボミ状態でうっすらピンク色になっています。

この状態からして4月13日14日あたりが満開の見頃となりそうです。

一応、山ですので靴はハイキングできる程度のものは必要です。

駐車場は無料です。おトイレもあります。

入山料は必要です。

私は4年ぐらい前に初めて行ったとき、たしかワンコインを入り口にある缶に入れて入った記憶があります(^m^;)

スポンサーリンク

【コスプレイヤーさんに人気】

写真からはよく解らないかと思いますが、山は段々畑のように整地されています。

そこに桜が植栽されています。

つまりこのようになっています。

山の一番手前の裾野になります。
奥のほうはかなりピンクがかっています。

この二段目のところに立って、山の外側をバックにポートレート写真を撮るとどうなるでしょう。

一段目の桜が被写体の背景に映り込むことになります。

桃源郷のような、画像一面、サクラで満たされる写真が撮れるわけです。

これに目をつけたのがコスプレイヤーさんたちです。

毎年ツアーも企画されています。

今ではコスプレイヤーさんたち専用の駐車場も用意されています。

もしかしたら専用の区画も用意されているのかもしれません。

【まとめ】

これだけのサクラの山なら観光客も押し寄せ、村も潤う、ということもあるのでしょうが、お金を落とすお店も無いのがこの村の状況です。

この村をどう立て直すのか?、立て直せるのか?今後どうなるのか?

経済的にもとても興味があります。

ま、そんな深いことは考えず、サクラのシーズンのトリにソメイヨシノを楽しみたいという人にはオススメです。

なお、山を上から見てみたいという人には裏技があります。

虎山の千本桜から寄居方面にむけて数十メートル行ったところに、二本松峠入り口と書かれた看板がかかった小道があります。

ここをずっと登っていくと虎山を見下ろせるところがあります。

なかなかの絶景です。

スポンサーリンク