Bloggerのテーマ「Materiapollo」の初心者向け簡単カスタマイズ

2020年11月9日日常の理系WordPress-Google AdSense

Googleが提供する無料のブログサービスが「Blogger」です。

WordPressに移って来る前は私も使っていました。

【Blogger】

「Blogger」の

いいところは

  • 無料
  • 運営の広告が挿入されない
  • Adsenseが貼れる

ダメなところは

  • 容量の上限が15GB
  • テーマのテンプレートが少ない、デザインも微妙
  • HTML・CSSの知識がある程度必要
  • 集客がほぼ皆無 SNS等利用して自分で営業する必要あり

この場合のテーマとはブログデザインのことです。

[容量に関して]

15GB という容量は、Googleアカウント一つに用意される容量です。

この15GBを、Googleドライブ・Gmail・Googleフォトで使うシステムです。

Google OneでGoogleアカウントのストレージを確認することができます。

以前ブログを運営していたGoogleアカウントのストレージを確認してみました。

10年以上利用しているアカウントです。

Gmailが約1G Googleドライブが約0.5GB Googleフォトが0GBでした。

Google公式のフォーラムでは、Bloggerのテキストに関してはほとんど容量がないようです。

驚いたのがGoogleフォトの容量です。

画像を相当量アップしているのですが、0GBでした。(画像のサイズ制限が必要です)

[追記]

昨日グーグルフォトについてグーグルからインフォメーションがありました。

2021年6月1日 以降に高画質でバックアップした新しい写真と動画は、Google アカウントの無料の保存容量(15 GB)を使用するようになります。

これによってグーグルフォトは15GBの容量制限となりますね・・・

以上の、Bloggerの特徴を活かしたブログ運営となると、極個人的な日記風ブログとかが、とても適していると思います。

スポンサーリンク

【Materiapollo】

私は、そんな日記風のブログを始めたいと思い、Bloggerを再び使うことにしました。

私が以前使っていた「テーマ」は「Vaster2」です。

HTMLの記述に日本語で、カスタマイズ場所が記述されているのが特徴です。

カスタマイズには優れていましたが、元のデザインが微妙でした。

今回、私が利用した無料のテンプレートは「Materiapollo」です。

Materiapollo | マテリアルな無料のBloggerテンプレート

Materiapolloの概要と特色 Materiapolloは、マテリアルデザインのCSSフレームワークである Materialize を使用した、無料の Blogger 向けテンプレートです。レスポンシブデザインに対応したテーマですので、モバイル用・パソコン用の両方に同じテーマを適用することが可能です。

上の公式HPからダウンロードしてください。

 

英語で書かれたサンプルのせいもあるのでしょうが、結構カッコいいデザインです。

このまま使ってもよさそうです。

ただ、私はここからできるだけ”色”を削ぎ落としてシンプルなものにしました。

そのカスタマイズです。

私も初心者なのでそれ以上のことは今の所できません(^m^;)

スポンサーリンク

【カスタマイズ】

 

上記ブログカードにある公式サイトの画像です。

カスタマイズ部分は

  • ①~⑥までの色を変更します
  • ⑦の文字の太さを細くします
  • 黒で囲んだナビゲーションバーのカテゴリーの新設とリンク

です。

左側の列番号は、「そのあたりにある」という、あくまでも目安にしてください

[①:ヘッダー部の背景色を変更する]

<header> → <header class=”white”> に変更

[追記]

行番号121辺りに

header{height:200px;background-color: #00acc1; overflow: hidden; color: #fff; text-align: center;}

があります。

このバックグラウンドカラーを#ffffffに変更します。

[②:ナビゲーションバーの背景色を変更する]

元の色は #00bcd4です。それを#b3e5fcに変更

[③:背景色を変更する]

元の色は #f0f0f0です。 白色にするために#fffにしています。

カラーコードで白は#fffと#ffffffがあります。

#fffをブラウザは#ffffffとして表示してくれます。

たぶん、白色の場合にかぎりどちらでも構わないのでしょう(^m^;)

[④⑤:表示時のREADMOREの背景色と文字色を変更する]

マウスポインタを当てると、READMOREの背景色と文字色は変わります。

ここでは、マウスポインタを当てない時の背景色と文字色を変更します。

 

背景色 #00bcd4から#ffffffに変更しました。

文字色 #fffから#b3e5fcに変更しました。

[⑥:ヘッダーのタイトルの文字色を変更する]

文字色 #fffから#b3e5fcに変更しました。

[⑦:記事のタイトル文字の太さを細くする]

font-weight:600 を 300に変更しました。

このタイトル文字の太さが600のままだと、結構微妙な感じがしました。

[ナビゲーションバーにカテゴリーを新設してリンク]

 

行番号697辺りに<サイドリンク>があります。

ここがナビゲーションバーのカスタマイズ部分です。

699の部分が私が新設した”Home”です。

カテゴリーにリンクさせるには以下のタグ?が基本です。

<li><a href=’カテゴリーのアドレス’>新設カテゴリー名</a></li>

黒塗りの部分はすべてアドレスです。

このカテゴリーにプルダウンメニューをつけるときは、カテゴリーの直下に”赤ライン”でくくった部分(701~715)を加えます。

ここでは「”赤線で塗りつぶし”」というカテゴリーにマウスポイントを当てると、「Privacy Policy」「お問い合わせ」「”塗りつぶし”」がプルダウンで出てきます。

 

行番号710以下は、スマホのナビゲーションバーの、カスタマイズ部分です。

カテゴリーに、プルダウンメニューをつけるときは、721~726部分をカテゴリー直下に加えます。

727~733を参考にするとわかりやすいです。

【まとめ】

カスタマイズ画面をお見せできればいいのですが、超個人的なサイトなので掲載はいたしません。

ほんとすみません。

Materiapollo 以外のテーマのカスタムについてですが、

たくさんの色で装飾してあるテーマが、カスタムしやすいように思いました。

HTML・CSSから色コードを抽出して、カスタマイズ場所をある程度確定することができます。

もうすこしカスタマイズしたいところがあります。

スポンサーリンク