WordPress5.1.1レビュー

2019年3月28日日常の理系

WordPressのバージョンを更新してみました。

WordPress5.1.1です。
準備は前回を参照してください
 

【やり方】

ダッシュボードに表示されている、「更新する」(だったかな?w)のボタンを押せばいいだけです。

あとは指示されるまま進めていけば更新は終わります。

特になにも注意することはありません。


 

【変更点】

WordPress5.になって目立った変更点はエディターです。


 

[ブロック]

ビジュアルエディターに「ブロック」という仕様が出てきます。

ブロック=段落 という認識で構わないと思います。

例えばテーブル(表)を作成する場合です。

1ブロックにテーブルだけ作成しておけば、ブロックの組み換えでテーブルの位置を簡単に動かすことができる、ということができそうです。

私はよくわからないので、いまのところ1ブロックにすべてのテキストを入れちゃってます(^m^;)

ただ、書き出しのときにこのブロックが以外とやっかいです。

書き出しはテキストエディターで書き始めて、その後ビジュアルエディターに移ったほうがいいかもしれません。

テキスト・ビジュアルの切り替えは右上の「Ⅲ点」から切り替えます。
 

[テキストエディター]

テキストエディターは以前より、使い辛い、というかタグ支援もなくなって、より本格的?になりました。

タグ支援がないので画像の貼り付けも大変です。

コードはすべて身についているというプロの方向けといえます。

スポンサーリンク


 

【イイところ、ダメなところ】

あくまでもド素人の私の感想です。

[イイところ]

  • ビジュアルエディターは書きやすくなったような気がします。ただ、わたしは今までテキストエディターで書いていました。そのテキストエディターが使えなくなったので、相対的にビジュアルがよくなった・・と言えなくもありません(^m^;)

[ダメなところ]

  • テキストエディターが使えなくなりました。
  • 総文字数がどこに表示されているのか、もしくは表示されなくなったのか、がわかりません。
  • 今まではタグの欄で「よく使われるタグ」が表示されたのですが、それが失くなったようです。よってHPの「タグ一覧」からひっぱってくることが必要になりそうです。

 

【まとめ】

テキストエディターの変更はワードプレス更新のキモなのでしょう。

色々なところに「大人の事情」ってあるなぁと思いましたw

ただ、以前のエディターに戻せるプラグインもあるので、そこは問題ないのかもしれません。

スポンサーリンク