秩父 美の山公園のサクラ

2018年4月1日埼玉県の秘密

埼玉県にもサクラ(ソメイヨシノ)の名所はたくさんあります。

県南→県北→秩父地方と開花が進みます。
県南から秩父地方へは満開までに
一週間から10日ほどインターバルがあります。
けっこう長い期間、サクラは楽しめるのです。

お花見のシーズンも後半になって、「まだお花見していないよ」
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方にオススメなのが美の山公園です。
↑ご利用案内のリンクです

美の山公園からの眺望です。2017年
濃淡のピンク色のグラデーションがとてもキレイです。

【美の山公園】

秩父市と皆野町の間にある蓑山に作られた自然公園です。
山頂にソメイヨシノが何本かあります。
しかし上の画像からもおわかりのように、ここの公園のメインはヤマザクラです。

「関東の吉野山」と呼ばれる美の山公園です。

埼玉県の観光事情に沿って、秩父にもサクラの名所を、ということで人工的に作られた公園です。
昭和54年(1979年)に開園しました。
ヤマツツジ、アジサイの名所でもあるようです。

先見の明があったとすれば吉野山のように、ヤマザクラを植栽したことでしょう。

【ヤマザクラ】

[観光的利点]

開花がソメイヨシノより、さらに一週間~10日ほど遅く咲きます。
他のサクラの名所との観光客の食い合いがありません。

さらにヤマザクラにも多くの種類があります。
種類ごとに開花もズレがあるので長い期間楽しめます。

ヤマザクラは新芽と共に開花します。


美の山公園のヤマザクラ@2017

花が散った後のヤマザクラの新芽は赤系で結構キレイです。
なので花が散ったあとも、数日は楽しめるのも利点です。
徒然草の『花は盛りに』の胸中に浸るのも一興かもしれませんw。

ヤマザクラは薄い緑がかった、春の深山にとてもよく馴染みます。

ソメイヨシノの派手さに見慣れると、物足りなさはあるかもしれません。
でもネイチャー的な美しさが楽しめると思います。


美の山公園からの眺望北側 2017

[生物学的利点]

ソメイヨシノに比べて寿命が長く、病原菌、害虫に強く手間がかからないそうです。

スポンサーリンク

【まとめ】

美の山公園のヤマザクラの見頃は4月の第2週目~3週目ぐらいでしょうか

わたしが行ったときは3週目の終わりだったので、お花のほうは終わりかなって感じでした。

美の山公園の最大の美点は、道路、駐車場、おトイレが完備されているところです。
入園料と駐車場が無料なのもウレシイです。
手軽にヤマザクラ&ハイキングを楽しみたいという人には、最高なのではないでしょうか。
もちろん山道も整備されています。

公園の南側からは秩父市街がよく見えます。
秋冬シーズンには夜景
11月頃には秩父ミューズパークと並ぶ秩父の雲海を見るポイントになります。


美の山公園から秩父市を望みます。南側 2017
ヤマザクラの新芽は赤系というのがよくわかります。
決して紅葉ではありません。

ただ日夜管理されてはいないため、深夜はセキュリティ上、訪れるのは自粛されるのがいいと思われます。

スポンサーリンク