【キャンドゥ】百均のリメイク・壁紙シート 貼り比べレビュー 【セリア】

日常の理系

「Wish」のファッション時計のレビューブログにでてくる「木目調のテーブル」

 

 

そして最近の私のツイッターに出てくる「木目調テーブル」

 

 

このテーブルは、ローボードテレビラックの仕切り板に、百均のリメイク・壁紙シートを貼ってテーブル化したものです。

【おしゃれなテーブルが欲しい】

最近オールドレンズを使いだして「柔らかい描写」が好きになってきた私

その描写に見合った、”ちょっとイイ生活空間”というものが必要になってきました。
そのちょっとイイ空間を演出する道具として欲しくなったのが”おしゃれなテーブル”です。

ただ最近、私の趣味は、カントリー&南欧調風味です。
そのようなおしゃれなテーブルの価格は非常にお高いです。

そこで、ローボードテレビラックの仕切り板を流用して、テーブルの天板にできないかと思いました。

真っ黒で無機質な感じが、如何にもテレビラックに使われていたという雰囲気を醸し出している板です。
角が所々剥げています。

これに百均で販売されているリメイク・壁紙シートを貼り付けて、カントリー&南欧調のおしゃれな”テーブル”にしようというわけです。

【百均のリメイク・壁紙シート】

お手軽にインテリアのイメチェンができる百均のリメイク・壁紙シート

そのイメチェン・リメイクされたインテリアの数々は、インスタグラム等SNSで見ることができます。
見ていると、とてもやる気が起きますw

用意した百均のリメイク・壁紙シートはキャンドゥとセリアのものです。

上がキャンドゥ、下がセリアのリメイク・壁紙シートです。
ダイソーにも寄ってみたのですが、木目調のモノがなかったので今回はこの2枚のシートでリメイクすることにしました。

キャンドゥのリメイク・壁紙シートには硬質なボール紙の芯が入っています。

シートの保護は十分な包装形態です。

スポンサーリンク

【貼ってみた】

[セリア]

柄は、セリアのシートのほうが好みです。
シャビーウッドの板を並べた感じがとてもカントリーです。

なので、まずはセリアのシートを予備知識もなく、軽い気持ちで貼り付けてみました。

 

ところがです。

一筋縄ではいきません。

シワが寄ったり、気泡が入ったりします。

シワが寄った部分まで剥がして、貼り直すことはできます。
でもすぐシワが寄るのでなかなか作業が進みません。

さらにシートを剥がすために、手でシートを持っていた部分が裂けてしまいました。

セリアのシートはフィルム形状に近い感じがします。
貼っていると伸縮性を感じます。
なので、力の均一が崩れるとシワになりやすいのだと思います。

このシートをキレイに貼るには

  • シートを対象物の上に広げていく人と
  • 下のような専用のヘラでシートを貼る人

の、二人がかりで貼る必要を感じました。

[キャンドゥ]

上記のようなヘラなんか持って無いし、ヘラに代わるものも思いつきませんでした。

キャンドゥのシートの貼り付けはヘラを用意して、後日にするかなぁと思いました。

しかし同じ条件でセリアとキャンドゥの貼り比べするのもネタとして使えると思った私(^m^;)
さっき貼ったセリアのシートを全部剥がして、キャンドゥのシートを貼ってみました。

その結果が下の画像です。

キャンドゥのシートは特にトラブルもなく、キレイに貼れてしまいました。

キャンドゥの壁紙シートは、セリアのフィルム状に近いシートに比べると、

  • 伸縮性がなく
  • シートの厚みもある

そのためシワができにくいです。

一人で手のひらで伸ばしなから簡単に貼れてしまいました。(^m^;)

【まとめ】

今回のキャンドゥの壁紙シートは、木の持つ温かみ感には欠けます。

でも、ほどよい冷ややかさがあります。
夏向きテーブルになってとてもよかったです。

どちらのリメイク・壁紙シートもPVC(ポリ塩化ビニル)が使われています。

が、貼りやすさという点ではキャンドゥのシートのほうがよかったです。
耐久性、耐候性を含めた総合的評価では、また違った結果になるかもしれません。

ちなみに私の部屋には、これだけはどうしてもリメイクしたいという”モノ”があります。

スポンサーリンク