【ミルボン】エルジューダエマルジョン(Elujuda emulsion)を使ってみました【洗い流さないトリートメント】 

日常の理系美容

今の私のヘアケアアメニティは以下の通りです。

シャンプー いち髪(クラシエ)
コンディショナー スカルプフォーカスコンディショナー(富士フイルム)
トリートメント エッグプロテイン(ルベル)
洗い流さないトリートメント
仕上げ N.シアオイル(ナプラ)

最近、洗い流さないトリートメントはミルボンのエルジューダエマルジョンを使い始めました。

【ミルボン】

 

[ブランド]

ミルボン株式会社にはいくつかのブランドがあります。

そのうち

  • グランドリンケージ(ディーセス リンケージμ + ディーセス ノイドゥーエが統合されたブランド名)
  • プラーミア
  • エルジューダ

は、今回知ることになったブランドです。

前回のブログで、Mさんからサンプル提供して頂いたのがこれらのブランドの商品でした。

  • ディーセス リンケージμ1、 μ2、 μ3
  • プラーミア ヘアセラムトリートメント
  • エルジューダ エマルジョン+

の5種類です。

このうち、使ってみて即効性の面で一番気に入ったのがエルジューダエマルジョン+です。

スポンサーリンク

[エルジューダ エマルジョン]

エルジューダエマルジョンには、エマルジョンとエマルジョン+があります。

今回頂いたサンプルはエマルジョン+です。

 

[使い方]

洗髪後のタオルドライのあと、軽く湿った髪にワンプッシュ分つけます。

そのあとシアオイルをつけています。

そしてドライヤーで手早く乾燥させます。

 

[効果]

シアオイルを使ったため、その時はさほど目立った効果は感じられません。

香りはとても良かったです。

ところが効果がはっきりでたのが、翌日の夕方です。

普段なら、翌日の夕方にはパサついて、絡みがちだった私の髪の毛

それがとてもくし通りがよくて、くしにほとんど引っかかりがありませんでした。

それですぐポチってしまいました。

購入したのは「エマルジョン+」ではなく「エマルジョン」です。

細めで華奢な髪の毛には「エマルジョン」のほうがいいそうです。

[ネット通販]

Amazonで購入しました。

ただ、気になったのは販売店によっては、”製品に疑念が湧いた”という内容のレビューがあることです。

今回購入したエマルジョンの化粧箱、商品ラベルには、そのような疑念を抱かせる痕跡はありませんでした。

が、化粧箱には封印シールがありませんでした。

美容室専売品にはこのようなシールはないのでしょうか?

それが気になりました。

スポンサーリンク

[気になる成分]

こんなに効果が現れるとなると、気になるのは成分です。

成分表に、他のヘアケア商品には無い、見たことのない文字がありました

「羊毛」 です。

正確には カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチン(羊毛)と書いてあります。

羊毛から精製して得られるのが、カルボキシ~ケラチンなのだそうです。

ケラチンは髪の毛の主成分であるタンパク質の一つ

ジスルフィド結合(S-S結合 Sは硫黄)によってケラチンが安定化状態になります。

このように、髪の毛のケラチンと定着(分子間引力?よくわかりませんw)しやすいようにしたのが、この安定化されたケラチンということです。

ミルボンの中央研究所からの2013年に発表されたものです。

理系に弱いくせに理系に憧れる私にとっては、もうこれだけでプラシーボ効果になります。(^m^;)

 

【まとめ】

エマルジョンは髪の毛のケラチンを修復させる効果はないようです。

でも使ってみてその滑らかさは感じられました。

ルベルのエッグプロテインと合わせて、しばらく使ってみたいと思います。

ちなみに、リンケージのμ1-3は今効果調査中です。

プラーミアよりはエッグプロテインのほうが、私にはいいようです。

見た目のパサツキ感が残っている、艶が足りないところが気になっています。

デイタイムでも気軽につかえるヘアオイルがほしいところです。

ちなみにMさんは、エマルジョンをヘアオイルのように使っていました。

スポンサーリンク