【デジカメ】モノクロ写真で撮る・モノクロ写真に加工する【おすすめアプリ】

日常の理系デジカメ

私が主に使っているデジカメはPanasonicのDC-G9です。

G9のメニューには”フォトスタイル”という項目があります。

撮影前に、色味を設定できる機能です。

  • スタンダード
  • ヴィヴィッド
  • ナチュラル
  • 風景
  • 人物
  • シネライクV
  • シネライクD
  • モノクローム
  • L.モノクローム
  • L.モノクロームD

10種類が選べます。

下の3つがモノクロで写真を撮る項目です。

私がよく撮る被写体は、お花や風景が多かったこともあって、”スタンダード”一択です

この項目はほとんど弄ることはありませんでした。

それが最近、人物や物撮りするようになって、モノクロもいいなーと思うようになりました。

【無料のスマホアプリ「Snapseed」でモノクロ写真】

そのきっかけとなったのが、無料のスマホアプリ Snapseed です。

iOS用の写真アプリですが、Android用も公開されています。

以前から、レトロ風な写真が撮りたいと思っていた私

オールドレンズにも手を出しましたが、モノクロ写真に関しては、このアプリに行き着いた感があります。

Snapseedには「効果」と「ツール」があります。

「効果」はSnapseedが用意しているフィルターです。

「ツール」は、そのフィルターを作るために用意されたツールが、ユーザーがカスタマイズできるように用意されています。

ツールには上の参考画面上には現れていませんが、スクロールするとノワール・顔修正・顔の向き・レンズぼかし・周辺減光・二重露出・テキスト・フレームが出てきます。

「効果」には無料のフィルターが全部で11種類あります。

そのうち、Fine Art・Push・Structure・Silhouetteの4種類がモノクロフィルターです。

FineArt

Push

一枚のデジカメ画像をスマホに移して、Snapseedで補正しています。

FineArtに、ツール内の”粒状フィルム”の効果を加えて、コントラストを強めにすると、Pushになるような感じです。

FineArtのモノクロはとてもお気に入りになってます。

元がデジカメ画像ということもありますが、スーッとした嫌味のない・不自然のないモノクロ写真になります。

ツールの中にある、階調コントラスト・モノクロ・画像調整を行っているようです。

他のアプリにありがちな、単に彩度0にしただけの画像じゃないのがイイです。

人物写真でも、とてもいい感じに仕上がります。

人物が写っていると、顔修正も自動で行ってくれます。

いろいろな写真加工アプリを試してきましたが、モノクロに関してはSnapseedがとてもイイと思いました。

スポンサーリンク

【Leica DG SummiluxとL.モノクロームでモノクロ写真】

最近、PanasonicのLeica DG Summilux15mm/F1.7を購入しました。

PanasonicのDC-G9に着けて、試し撮りにでかけました。

Panasonicのデジカメのメニュー項目には、フォトスタイルという機能があります。

撮影前に色味や画質を設定できる機能です。(フィルターではありません)

普段はスタンダードに設定しっぱなしです。

わたしはこの撮影で、はじめてフォトスタイルのL.モノクロームを使ってみました。

以下に作例をあげます。

L.モノクロームからのJpeg撮って出しです。すべてF1.7で撮ってます。

 

L.モノクロームは、従来のモノクロモードよりも色の深みや立体感を感じる画作りにこだわり、研究を重ねて生み出されたモノクロモードとの事

私はてっきりLeica風モノクロームということで、L.モノクロームというネーミングにしたのかと思いました。

ただ、Leicaとデジカメ分野での協業を強化しているPanasonicですから、”Leica風”には暗にこだわっていると思います。

 

ボディとエンブレムの金属感がいい感じです。

 

トリミングしています。

15mmという画角でも、構図しだいではそれなりにボケてくれます。

 

 

 

 

 

最後はスタンダードで撮ったものです。

これもJpeg撮って出しです。

とても濃い空の色になっています。

この色の濃さが、このレンズの特徴でしょうか

周辺減光がありますが、私はあったほうが好きです。

このレンズ、開放では周辺減光が出やすいそうです。絞ると目立たなくなります。

ちょっと夏が楽しみになりました。

スポンサーリンク

【まとめ】

[デジカメでモノクロ撮影する利点]

G9では、フォトスタイルでL.モノクロームに設定すると、ファインダーの中の画像もモノクロで見ることになります。

(たぶんミラーレスカメラ全般に共通)

目の前がモノクロの世界になります。

色という情報がなくなるため、撮影中でも「あれ?普段より構図に気を使って撮影しているかも」という感覚がありました。

あとは、モノの質感、光と影のコントラスト差にも気をつけて、撮影していたように思います。

これがデジカメでモノクロ撮影する利点でしょうか。

モノクロに合った構図、露出で写真が撮れるようになります。

特にメリハリ・インパクト感のあるモノクロ写真が好きな方は、やっぱりデジカメ撮影ですね。

今回の作例では、意図的に光と影の部分を入れて、メリハリ・インパクト感を少しでも出そうとしています。

 

[モノクロ写真のシーズン?]

今回、モノクロで撮影してて思いました。

夏の午前の早い時間や午後の遅い時間、そして秋~冬シーズンのように、太陽が斜めから差し込んで、光と影のコントラストが得られやすい状況こそ、モノクロ撮影にうってつけの環境なのでは、ということです。

Summiluxの作例の1枚目は、午後になり、太陽光線が斜めに入っているために、屋根だけでなく、隣の家や植え込みの影まで入り込んでいます。

そのため明暗のバランスがよくなるというか・・・そんな感じがします。

プロの写真家さんの作例をみても、その傾向があるように思いました。

 

[~光と影~ Leica]

ちなみに、Leicaは今でもモノクロ写真・撮影に拘っています。(モノクロ専用デジカメを製造販売しています)

それは、Leicaがドイツという緯度の高い=太陽の高度が低いというお国柄のメーカー、ということも関係しているのでは?

と、このブログを書いていて、ちょっと思ってしまいました。

冬に限らず夏でも、部屋の中にまで差し込んでくる太陽の光

その光が作り出す”明と暗””光と影”が、被写体(特に人物)にドラマチックな”彩り”を加える・・・

(もちろん部屋の中だけではありません。街中のいたるところにです。)

その”彩り”を逃さずに捉えるのが、モノクロフィルム時代からの、Leicaのカメラ・レンズだったのかもしれません。

 

スポンサーリンク