富士フイルムのジェリーアクアリスタを使ってみました【レビュー】

2021年1月12日日常の理系商品レビュー(理系), 美容

【ジェリーアクアリスタ】

以前、富士フイルムの企業セグメントについてと、アスタリフトのヘアケア製品をレビューしました

 

アスタリフトシリーズには、もちろんスキンケア商品も用意されています。

独自のナノ技術で美容成分を確実に肌に浸透させるという、科学的根拠で消費者にアプローチする富士フイルム

私はその流れで、昨年11月から富士フイルムのジェリーアクアリスタを使用しています。

私は以前に、アスタリフトのスキンケアシリーズは、トライアルキットで試しています。(1000円ぐらい)

そこにはジェリーアクアリスタ以外に、化粧水・美容液・クリームも入っていました。

使用方法は

  1. 先行美容液(ジェリーアクアリスタ)で土台を作り
  2. 化粧水(モイストローション)で肌への道をつくり
  3. 美容液(エッセンスディスティニー)でハリ、潤いを与え
  4. クリームで閉じ込める

とありました。

富士フイルムのアスタリフトオンラインショップをみると、トライアルキットの広告の下に、ジェリーアクアリスタがどーんと掲載されています。

 

富士フイルムのアスタリフトのイメージ商品にしようという意気込みが感じられます。

ので、本品を購入して試してみました。

スポンサーリンク

【特徴 効能】

特徴はナノ化されたアスタキサンチンとセラミド、リコピンです。

  • アスタキサンチンはビタミンEの数百倍の抗酸化作用があるとされています。←シミ対策
  • セラミドは皮膚の角質の主成分で、皮膚を形成する役割があります。←シワ・たるみ対策
  • リコピンはアスタキサンチン同様の抗酸化作用をもち、細胞の老化を防ぎます。

これらをナノ化して皮膚の奥深くに浸透させて、ハリと潤いを保とうという美容液です。

[シミ対策]

私は特に、アスタキサンチン・リコピンの抗酸化作用には期待してしまいます。

肌内部の酸化がシミに繋がるからです。

  • 紫外線によってチロシンが酸化されて黒くなります。
    その酸化物質の排出が老化で鈍くなるとシミのもとになります。

 

【使ってみて】

 

香りは強くありません。

シトラスにムスクをあわせたような”爽やか色気”みたいな香りです。

 

中身は名の通り、プルプルのゼリー状です。

このゼリーを取り出すのにスパチュラが付属しています。(一番上の画像参照)

スパチュラは台座にセットできます。

ゼリーを取り出すのに、このスパチュラを使うというのが少し使いづらいです。

しかし、ゼリーの表面を指でなぞると、指の指紋でゼリーをごく少量分取り出せます。

取り出した後、ゼリーの表面は凸凹になります。

翌日には、表面はフラットになっています。

ゼリー自体はとてもよく伸びます。

使い心地もベタベタ感がありません。

エッセンスディスティニーのほうがベタベタ感が残りました。

洗顔後に軽く使えるのがジェリーアクアリスタのいいところです。

スポンサーリンク

[効果]

1ヶ月程使ってみて、その効果についてです。

一番よかったのは、使ってみて肌のハリ・もちもちが、少しづつですが感じられるようになったことです。

一日の終わりに、鏡を見ていつも感じていた表情の疲れ感がなくなった、とまでは言いませんが、かなり改善したように感じます。

ナノ型セラミドがかなり効いているのでしょうか

保湿性能もいいように思います。

現状維持してくれるならたぶんリピートすると思います。

以前レビューしたコンディショナーより効果が感じられました(^m^;)

コンディショナーはリピしない予定

 

【まとめ コスパ面】

 

ジェリーアクアリスタの価格は、ネットでは7000~1万円ぐらいです。
(レフェル品も用意されています。)

お高めといえば、お高いのでしょうが、実際使ってみてなかなか減らない印象がありますw

もしかしたらコスパの面もいいのかもしれません。

コスパ面に関しては、数カ月後追記させていただきます。

スポンサーリンク