【ヤマダセレクト】格安洗濯機を購入しました【レビュー】

日常の理系商品レビュー(理系)

購入から8年たった東芝の洗濯機が最近不調になりました。

全自動のはずが途中で止まってそのまま、という事象が度々発生します。

そこで洗濯機の買い替えることになり、近所のヤマダ電機さんにいきました。

 

【ヤマダセレクト】

以前、ディスカウントスーパーのロヂャースのプライベートブランド品について書きました。

量販店のプライベートブランドとは、海外(主にアジア)の商社・メーカーが持っている商品、もしくは製造委託した商品を、量販店がオリジナル商品としてカスタマイズして販売される商品です。

有名ブランド品とくらべて、低価格品であることが消費者には利点です。

ヤマダやコジマといった家電量販店にもプライベートブランドが存在します。

低価格なのはウレシイのですが、家電場合、安全性も気になるところです。

ただ、洗濯機や冷蔵庫、掃除機といった、ごく普通の白物家電であれば、昔からある安定・安心技術なので、プライベートブランド商品も十分選択肢に入ってくると思います。

ヤマダ電機には、以前から「HERB Relax」という名前のプライベートブランドがありましたが、今は「ヤマダセレクト」という名前に切り替えてプライベートブランド商品を販売しています。(店員さん談)

今回購入した洗濯機は、その「ヤマダセレクト」ブランドです。

スポンサーリンク

【洗濯機レビュー】

購入した洗濯機の品番はYWM-T70G1です。7Kg用です。

価格は、リサイクル費用・税込みで4万円しませんでした。

大きさは、以前の洗濯機より特に高さが小さくなりました。

その分、洗濯物が取り出しやすく感じます。

”すすぎ”は2回です。

風乾燥も一応ついています。

内部です。

洗剤、柔軟剤投入口もちゃんとありました。

基本的なところは一応抑えてあるようです。

ちゃんと洗濯できました。(^m^;)

[脱水時の音がうるさい]

気になったのは稼働音がうるさいという点です。

特に脱水時は、明らかに東芝の洗濯機よりうるさいと一聴してわかるレベルです。

洗濯時間が深夜になることが多い、集合住宅で使う、という方は気をつけたほうがいいと思いました。

 

【まとめ】

このヤマダセレクトの洗濯機には、今回購入した7Kgの他に、4.5Kg、5.0Kg、6.0Kgがラインナップされています。

ただ、洗濯中の様子が外から確認できるのは7.0Kgだけです。

上部のグリーンの部分から中が確認できます。

ほかのモデルにはそれがありません。

このことから、ヤマダセレクトの洗濯機は、本体・部品とも複数の委託先から仕入れていることが伺えます。

プライベートブランド品の特徴としてデザインが統一されているイメージがあります。

しかし、この洗濯機のように、細部でデザインや規格が案外適当、ということが実は多いです。

 

騒音や細部の仕上げは大丈夫、最低限の機能が格安で使えるのがいい、という方にはオススメです。

スポンサーリンク