【DTM】Surf’s Up【BrianWilson】

2018年6月14日音楽系

【波が立つ!!】

ブライアン・ウィルソンの「Surf’s Up」という曲を知ったのはYoutubeの動画です。
ヴィンテージ調の画面で、ブライアンがピアノの弾き語りをしている動画です。
後にその動画が、CBSテレビのドキュメンタリー番組の一部であることを知りました。

その時の曲の印象はとてもクラシカルという感じです。
まるでバッハみたいでした。

その後、流出音源や
1972年にリリースされたアルバム「Surf’s Up」に収められた音源に触れることになります。
色々な音がオーバーダビングされていてクラシカルな印象は後退しました。
それでもとても興味深い曲であり続けたのです。

【3部構成】

イントロはありません。
全く異なったメロディー&フレーズからなる3部構成の作品です。
クラシック音楽のような
存在する第一楽章、第2楽章、第3楽章
を連続させて一つの作品に仕上げたという感じです。
それがよりクラシカル感を増幅させます。

これもテープの切り貼りによる作曲の成果でしょう。
第一楽章ではドラムスがリズムをとっていますが、その後全く出てきません。
断片的な曲を継ぎ接ぎしたからなのでしょう。

耳コピして、DAWソフトのStudio One 3で仕上げた音源を上げておきます。
第三楽章の部分はわたしの適当なアレンジです(^m^;)
コードは一部違うところもあるかもです。

第三楽章は、
「Child is Father Of The Man」という曲からの流用であるとする説もあるようです。
たぶん流用はスキャット部分だけでしょう。
コード進行も違うみたいですし。
最終ミックス時に、遊び心でオーバダブしたのではないかと思います。

スポンサーリンク

【Van Dyke Parks】

メロディーも難解なのですが、歌詞はさらにわけがわかりません。
和訳をネットでいくつかみましたが解釈がバラバラです。
みなさん苦労しているなぁという感想です。

作詞を担当したのはヴァン・ダイク・パークスという人です。

歌詞をメロディーにキレイに載せることを重要視して、さらに語呂合わせ的な手法で歌詞を書き上げただけ。
特に意味は無いのかもしれません。

歌詞に意味を求めたビーチボーイズの他のメンバー、とくにマイク・ラブとの衝突は当然といえましょう。

歌詞の問題も「Smile」アルバムの頓挫の一因です。

ただ、「Surf’s Up」の場合、ruins domino  を受けて 最後のSurf’s upです。
ドミノが壊れそして波が立つ
崩壊と再生の歌なのかも、と思わせます。

ヴァン・ダイクは
70年代にもブライアンと「Sail on Sailor」を共作。
ヴォーカルにもっとワイルド感が出せれば、そして、ヘビーなエレキギターをフィーチャーできれば、かなりヒットしたんじゃないかと思わせる佳曲です。

さらに日本のロックバンド「はっぴぃえんど」と
「さよならアメリカ、さよならニッポン」を共作しています。

【まとめ】

Surf’s Upは冷静な耳で聞けばある意味珍曲ともいえる作品です。
サビも無いし、歌詞もさっぱりわかりません。

しかし新しいファンからすれば、これ以上の名曲はないと思われます。
なにしろ40~50年間もの長い間、ビーチボーイズとブライアン・ウィルソンの伝説を繋いできた曲なのですから。

にほんブログ村 音楽ブログ 1960年代洋楽へ
にほんブログ村

スポンサーリンク