【格安加湿器】空間除菌で花粉症・ウイルス対策【次亜塩素酸水】

2020年3月6日日常の理系

希釈した次亜塩素酸水を加湿器に入れて噴霧することで、空間の除菌・除臭を行う「空間除菌」について以前ブログに掲載しました。

このときは加湿器がすぐ壊れそう、との理由で見送りました。

しかし最近、花粉症対策にも有効かも、となりました。

そこで壊れてもいいように安価の加湿器を購入して、空間除菌を試してみました。

【格安加湿器】

JoyHouseの加湿器です

Amazonのタイムセールで買いました。
今は2000円になっています。

この値段で一応バッテリーが内蔵されていて、充電によってコードレスで稼働できます。
あとAmazonで専用の給水棒が別売りで販売されているのもイイです。

アロマを染み込ませるタブレットも付いていて、それを加湿器にセットできるようになっています。

USBーmicroUSBのコードがついています。
出力5Vの家庭用コンセント/USB電源 変換用アダプターを用意しなければなりません。
スマホ充電用のアダプターでも使えます(出力は確認してください)

タンク容量は260mlです。
水を満タンにして稼働させると5~6時間ぐらいで空になります。
水が空になると自動で停止します。

ボタンは一つだけで、連続噴射モードと間隔噴射モード、7色LEDライトの光り方を変更します。

【使ってみました】

直径80mm高さ123.5mmという小型の加湿器ですが、想像していたより噴射量、勢い共にあります。
30cmぐらい噴射します。


モバイルバッテリーで動かしてます。

稼働時の音はとても静かです。
耳を近づけると「キーン」という音は聞こえます。

空気の動きがない場所で長時間使用すると、加湿器の上部、加湿器の周りが水滴でビショビショになっていまいます。
なので就寝時の使用は注意が必要です。
これはどの加湿器にも共通しますね
エアコンやストープが点いていたり、人の動きがあると、空気が動いているので水滴が付くことはありません。

LEDは思ったよりもキレイです。

スポンサーリンク

【次亜塩素酸水入れてみました】

Panasonicの次亜塩素酸 空間除菌脱臭機ジアイーノのHPによると、ジアイーノは濃度10ppmの次亜塩素酸水で稼働しているようです。

なので、前回のブログで購入していた500ppmの「バイバイ菌」10mlを加湿器のボトルに入れて、水を満杯にして使用することにしました。

10mlは水薬計測用のものを使っています。

帰宅時から就寝時ぐらいまで稼働させています。
特に帰宅時は加湿器を手に持って、服の上からシャワーのように霧を浴びてます(^m^;)

モバイルバッテリーを用いてラックや食器棚の上に置いて、できるだけ部屋中に行き渡るようにしています。
パソコンやデジカメの置いてあるところでは使用していません。

【まとめ その効果は?】

肝心の空間除菌の効果はあるのか?です。

例のウイルスに関して、家族内で感染しなかったという結果をもって判断しなければなりません。
まだまだ先の話になりそうです。

花粉に関しては、とにかく今年は花粉の飛散量が例年より少ないので、その効果がわかりにくいです。

ただ、加湿器の置いてある部屋からパソコン&寝室部屋に行くと、くしゃみや鼻水が出ることが高確率であります。
もしかしたら次亜塩素酸水の霧が効いているのかもしれません。
温度の違いでくしゃみが出ている、ということはありそうですけど(^m^;)

来年、花粉が多い年に当たればその効果の有無が明らかになるでしょう

追記)
内蔵バッテリーで3.5~4時間は稼働します。
思ったよりも長時間稼働するという印象です。
ただ何時間充電すればフル充電になるという目安がわかりません。

追記2)
フル充電されると赤いLEDが点灯します。
LEDの点灯はOFFにしておかないと気づかないかもしれません。

スポンサーリンク