【ばいばい菌】今年の花粉対策【花粉症】

2020年3月2日日常の理系

今年もまた花粉症の季節になりました。

わたしは重度の花粉症です。
症状は鼻水です。目の方はあまり症状がでません。

昨年は点鼻薬についてレビューしました。

このレビューのうち、スッドノーズは就寝時によく利用しました。
比較対象のAGノーズより、効き目が弱かった分気楽に使えました。

ただ、通勤・お出かけ時の花粉対策はマスクだけなので、昨年はとても苦労しました。
一日中点鼻薬を指し続けるというのはちょっと抵抗感があって、一番重要な就寝時だけの使用にしていたからです。

【今年の対策】

わたしは冬はインフルエンザ対策のために、外出時はマスクをすることが多いです。

さらに今年は、1月下旬あたりから新型コロナウイルス禍が始まりました。
なので気休め程度ですが、以前レビューしたノロキラーSをマスクの外側にシュッシュしていました。

ノロキラーSのレビューはこちらです。

[ある日突然に]

ある日のこと、出先でノロキラーSを噴霧したマスクを外した時にそれが突然始まりました。

鼻水ダラ~~です(^m^;)

水のように透明な鼻水に(汚くてすみません)「花粉がもう飛んでた!!」ことに気づきました。(今年の花粉は暖冬の影響でいつもより一ヶ月早く飛散しています)

そして「今日はひょっとしてマスクに噴霧したノロキラーSが効いてた?」とも思ったのです。

ちなみにノロキラーSの成分は次亜塩素酸水です。
上記のブログはエレコムさんの記事も参考にしまいます。

その記事の中に花粉(アレル物質)についてこう書かれています

アレル物質の除去
ダニや花粉に含まれるアレルギー症状を引き起こす「アレル物質」の除去にも、次亜塩素酸水は高い効果を示します。アレル物質が付着した衣服や鞄、室内に噴霧(スプレー)する方法が効果的で、特に花粉症の人にとって見逃せないアイテムとなっています。

こうなるとわたしの中で、ウイルス対策よりも花粉症対策としての次亜塩素酸水の存在感が増してきました。

スポンサーリンク

【ByebyeKin(バイバイ菌)】

それ以降、ノロキラーSをマスクを噴霧して出かけました。

確かに効いているような気がします。(これにはオチがあります)

ただ、ノロキラーSが店頭から消えました。
様々な衛生用品が店頭から消える状況です。

なのでネットで次亜塩素酸水を購入しました。

それが「ByebyeKin(バイバイ菌)」です。

2.5L・500ppmの次亜塩素酸水です。
税込み2458円です。
遮光性のある容器に入っています。

これをノロキラーSの容器に入れて、同量の軟水のミネラル?ウォーターで希釈します。
これでノロキラーSとほぼ同等のものができます。

【まとめ(オチ)とマスクの消毒】

去年よりも格段に花粉を防げてるなぁと思ったわたし。

ちょっとアレだったのでネットで調べたら、今年の花粉量は例年比で70%、昨年比で50%なのだそうです。

わたしは「そうだよなぁ・・・あはは」となりました。

それでも花粉は飛んでいるわけで、外出時、次亜塩素酸水を噴霧したマスクの中で、鼻水が出ていないので良しとすることにしました。

[マスクの消毒について]

最近マスクが手に入りません。

なのでマスクの両面の消毒に利用して、マスクのストックの延命に役立ててます。

マスクの消毒に関しては、普通の水をシュッシュしてレンジでチンするのはどうなのでしょうか?

熱もかかりますし、レンジのマイクロ波はウイルスにも効くようです。

マスクには鼻の形状の合わせるための金属が入っている場合があるので、レンジには絶対かけないでください

マスクの買い占め、ほんと困ります。

スポンサーリンク