【百均】セリアのスマホ用マクロレンズ【作例】

日常の理系

先日、スマホに取り付けているスマホリングが壊れました。
リングがグラグラになりスタンドとしての機能がダメになったのです。
一年半の寿命でした。
そこでセリア(百均)にスマホリングを買いに行きました。

百均のスマホアクセサリーコーナーはiPhone用のものがほとんどです。
なのでわたしはあまり物色したことがありません。

その時に見つけたのがスマホ用のマクロレンズです。
広角レンズもありました。

クリップ式でスマホを挟む形でレンズを取り付けて撮影するというものです。

自粛期間中の暇つぶしにお庭の雑草でも撮ってみようということで買ってみました。(^m^;)

【スマホ用取り付けマクロレンズ】

商品とスマホに取り付けた時のお姿です。

新しいスマホリングになってます

気になるレンズはアクリル製です。

パッケージには書いてありませんが15X(15倍?)のマクロレンズらしいです。

P20liteはダブルレンズです。
メインレンズが上に、ボケを演出するサブレンズが下についています。
メインレンズの上にマクロレンズがくるようにとりつけます。

iPhone11proのような特殊な配列のトリプルレンズの場合、取り付けが難しい場合もありそうです。

【作例】

どくだみ

ドクダミ

カーネーション

カーネーション

シラン

シラン

イネ科

イネ科の植物 よく見ると紫色の花弁?があります

サツキ

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ

スポンサーリンク

【まとめ】

[フォーカスについて]

被写体にかなり近づかないと(1センチ以下)ピントが合いません。
さらにスマホを前後させてピントを合わせなければなりません。

顕微鏡をイメージしてください。顕微鏡の対物レンズの要領ですw

5~10Xぐらいのマクロレンズにしてくれたらと思いました。

セリアの他にもダイソーやキャンドゥでもスマホ取り付けレンズを売ってます
どれも15Xのレンズらしいです。

Amazonでこの手のスマホ用レンズを検索してみました。
たくさんあることにまず驚きました。
マクロレンズはどうも15Xが標準みたいですね

[画像について]

フォーカスの合う幅がとても狭いです(被写界深度が浅い)
それ以外の部分は、ボケた部分の色が残るだけの抽象的な”絵”になってしまいます。

それが”味”とも言えます。

フォーカスの合う部分をよく解像するスマホカメラなら結構使える”写真”になりそうです。

ちなみにP20liteのメインカメラは1600万画素です。
百均マクロレンズでは高画素のカメラが良さそうです。

[実際に使う?]

とても小さな花をつける雑草って結構多いです。

写真に学術的な意味をもたせるなら、Amazonにあるような高価なスマホレンスで撮ってみる
”映える”写真ならこの百均レンズでもいいと思います。
持ち運びもラクですし。

ただ、道端にしゃがんで撮ってる姿はあまりカッコよくはないです(^m^;)

ネットを見ると氷の結晶を撮ってる人もいました。

何事もアイディア次第ということですね。

スポンサーリンク