【伊奈町のバラ園】すてきなローズガーデンとは

埼玉県の秘密ガーデニング, 埼玉県の観光

【バラについて】

品種改良によって、とにかく種類が豊富というのがバラの特徴です。

 

  • 花の大きさ・形・色の豊富さはもちろん、香りもあって、
  • 樹形も木性、つる性、半つる性(仕立て方によって木性にもつる性にもできます)が存在し、
  • 開花時期は5~6月、10~11月の2回もあって、その期間中も品種によって適時開花する

ということで、もっともエンターテインメント性が高い植物といえます。

【オススメとなるローズガーデン】

このようにバラはエンターテインメント性の高い植物です。

なのでローズガーデンは、ガーデナーさんの個性・意図が発揮しやすいガーデンともいえます。

個々のバラの花の美しさはもちろん、ガーデンのトータルの美しさも備えているでしょう。

パンフレットやWebに、ガーデナーさんの名前が記載されているようなローズガーデンはオススメとなります。

ただ、そこまで追求しなくても、来園者に美しいバラを見てもらいたいと腐心しているバラ園なら

たとえば

  • フェンス・アーチ・タワーを用いてツル性のバラでデコレーションする
  • 木性のバラも、ガーデンに設けた段差や隆起に植栽する

といった、立体的演出を適度に配置してあるので、オススメの目安にはなるかと思います。

立体感をもたせることで、視界を花で埋めることが可能になります。

バラのお花をより楽しめるということです。

”SNS映え”も期待できるでしょう。

スポンサーリンク

【伊奈町のバラ園】

伊奈町町制施行記念公園の中にあるバラ園です。

公園自体は、1970年に伊奈町となったときにできた公園なのでしょう。

バラ園に限れば、約1.2ヘクタールの敷地に、400種5000株を超えるバラが植えられているという、埼玉県でもっとも大きい規模を誇ります。

入園料350円

駐車場も2箇所、用意されています。合計台数はあまり多くないと思われますので注意は必要です。

入場券を持っていれば、駐車場とバラ園は何回もいったりきたりできます。

コロナ禍なので体温測定、住所提出、アルコール消毒が強制されます。

園内の通路は舗装されています。

事務所で車椅子を貸し出ししています。ただ台数は2台だけです。

メイン会場と思われる第2バラ園です。

アーチやフェンスを利用したデコレーションが適度に配置されています。

皆さん、アーチのなかで自撮りしてます(もちろん私も)

このバラ園のいいところはサイド部分が高台になっていて、上からバラが見られるところです。

バラの配置の勉強になりそうです。

この部分は舗装ではないですね(汗

オールドブルーの梅雨空とバラです。

アーチに絡みつくツルバラです。

バラがより身近に見られるのがとてもイイです。

奥の方までバラ・バラ・バラって感じです。

立体的に植栽されているのがわかります。

SNSの”映え”を意識したバラのドームです。

この中に入ることができます。

ただ、中はお花はほとんど咲いていませんし、暗いので、みなさんこのドームの外で写真撮ってましたw


75mmf1.8

わたしは青色が入ったバラが大好きです。


75mmf1.8

スポンサーリンク

【まとめ】

 

[カメラ・レンズレビュー]

PanasonicのGF10とLeica DG summilux15mmf1.7で撮ってます。

最後の2枚はG9とED75mmf1.8です。

GF10は白飛びしやすいのかな、と思いました。

パナライカレンズは、柔らかさを残し、色が濃いめに写り、MFTの広角レンズにしてはよくボケる印象です。

ED75mmf1.8とともに、私はとっても気に入ってます。

[バラ園]

来園者と園を整備されている方との会話を聴いたのですが、この広いバラ園を6~7人の方で管理されているそうです。

開花時期はたいへんだけど、他のシーズンは月1~2回ほどの手入れで済むそうです。

その会話を聴いて、ちょっとやる気が出たのですが、アブラムシ・毛虫・トゲの処理が頭をよぎり我に返りましたw

バラ園は、もちろんゴミひとつなく、車椅子の使用も考えられていて、演出過剰の面もなく、とてもステキなガーデンでした。

あとは通常モードのときに、どれだけのお客さんがいるのか、それだけが気になる点です。

スポンサーリンク