玉敷神社の大藤【写真】

2018年4月22日埼玉県の秘密埼玉県の観光

 

埼玉県加須市にある玉敷神社は、樹齢400年の”藤”で有名です。

 

 

有名なはずなのですが、わたしの周りでの認知度は、ほぼ皆無という穴場中の穴場です。

その理由は、お隣の県に”あしかがフラワーパーク”の存在もあるでしょう

 

【玉敷神社】

玉敷神社は700年代に創建された神社で、戦国時代に社殿が焼失

江戸時代になって再建された神社です。

現在、平成の大改修とのことで”囲い”があり、神社の全体像はよくわからない状態です。


玉敷神社には、重要無形民俗文化財の玉敷神社神楽があります。

年四回例祭の時に奉奏されます。

 

その神楽殿です。

巨大イチョウとクスノキ?に囲まれた、とても味のある神楽殿です。

どんな神楽が行われるのかちょっと見てみたいです。

これらの木々の緑が目に染みます(≧∇≦)

スポンサーリンク

【樹齢400年の大藤】

 

初夏のこの時期、玉敷神社の主役はなんといっても大藤棚になります。

玉敷神社の横に玉敷公園があり、そこに藤棚があります。

樹齢400年だそうです。

画像の奥に一本の木があるのがわかります。

房は短いですが、この紫の藤もとてもキレイです。

 

規模は当然あしかがフラワーパークには敵いません。

が、以下の点でわたしは玉敷神社の藤も推します。

その1

藤棚は全部で4つあります。

全部見るのにさほど時間を要しません。

お手軽です。

その2

駐車場がすぐ近くにあります。

お年寄りや体の不自由な方も

アクセスしやすいです。

 

GW中は藤まつりが予定されています。

この時は観光客も多いです。

神社の駐車場が満車になった時に備えて、神社では農協?の駐車場を用意しています。

ただ、ちょっと離れた場所ですので注意が必要です。

また、藤まつりが行われていないときは、使えるのは神社の駐車場だけのようです。

この点も注意が必要です。

その3

やっぱり人が少ない

これが一番です。

上では”観光客も多いです”と書きましたが、あしかがフラワーパークと比べたら、その足元にも及ばないといった感じです。

【開花が進んでいます】

 

わたしの理系ブログでも書いたのですが

今年はお花の開花が進んでいます

GW中にはピークが過ぎていることが予想されます。

訪れるのなら4月22日の週の平日の午前中とかとてもイイと思います。

スポンサーリンク