鍵盤経験者がギターを弾いてみる 1

2018年4月16日音楽系

鍵盤楽器には多少は慣れているわたし。

そのわたしがギターを目の前にして
困惑することが多々いろいろあるわけです。

【キーがない】

当たり前のことですが
まず”キー”がないことです。



ピアノの画像を見ると
ほとんどの方は”ド”の位置ぐらいはわかると思います。
しかしギターをみても”ド”はその位置すらわかりませんw。
指板にはフレット数を示す目印?が
3,5,7,12,15,17,19,21フレットに刻印されているだけです。

【タブ譜】

ギターの楽譜は見たことのない楽譜です。
タブ譜と言われるヤツです。



六本の弦が書かれていて
その上に指で押すフレットNoが書いてあります。
六弦の下にはリズムを表す”棒”と”けた”が表示されています。
普通の楽譜に慣れている人にとっては
強烈な頭の体操になりそうです。

ただタブ譜と五線紙両表示されている場合も多いです。

それに五線紙のように上下にはみ出す”音”がありません。
ト音記号やヘ音記号もありません。
ギターもピアノも初心者という方には
こちらのほうが理解は早いかもです。

フレット番号の記述が小さいので
大きいタブ譜じゃないと見づらいような気がします。

スポンサーリンク

【多彩な表現力】

ギター、とくにエレキギターは多彩な表現力が魅力です。

スライド、グリッサンド、チョーキング、
ヴィブラート、ハーモニクス、アーミング
といった音はピアノでは表現できません。

youtubeではこれらのテクニックを
丁寧に説明している動画があります。
とても参考になります。

【コード弾き】

コードとは和音のことです。

ギターのソロの早弾きも最難関ですが
ハイポジションのコード弾きも最難関です。
(結局全部w)

ローポジションでのコードは、なんとかキレイに音が出せました。
初心者の最初の壁であるF、Bmといったバレーコード(人差し指で全部の弦を押さえる)もw

しかし例えば、Aメジャーコードを右にスライドさせて、Dメジャーコードを弾く場合です。


上が1弦、下が6弦です。
黒丸で囲んだ左がAコード 右がハイポジションのDコードです。

アコギではAコード縦に並んだ赤丸3音は
人差し指、中指、薬指で押さえられます。

エレキギターではDコードでは5フレットを人差し指でバレー
縦に並んだ3音は薬指のバレーで弾くようです。
投稿動画を見るとみなさんそんな感じで弾いてます。

ためしにやってみましたが
ビビリ音が酷いです。

ただ全音出す必要はないようです。
この場合、たぶん1弦と6弦はミュートするのでしょう
このように弾く弦を限定すれば
楽に押さえられる別のコードパターンはあるようです。
この先が不安です(汗)

コード弾きという点ではピアノのほうがはるかに楽ですね。

スポンサーリンク

【実際に弾いてみて】

まず、音がどの位置に配置してあるのか
探ってみました。

開放弦を含む音階(1~3フレット)は
以前少しだけアコギを触ったことがあったので
覚えていました。

以下は”ド”の音の配置です。

”ド”の配置は13フレット以降は同じパターンです。
  
C C# D D# E F F# G G# A A# B 

の12音階ですから。

そこへCメジャーの他の音を配置すると

これは手強いです。
見てると目眩すらします。

ただ、一本の弦に4音以上乗らないようにして
(4音以上乗ると指が届かない)
4フレット以降をブロック化してみると

となります。
黒枠の部分は開放弦を含む3フレットと同じ
指の運びです。
ここは比較的指の運びがスムーズです。

つまり
あとはオレンジ、青、茶、赤色でくくった
4つの指の運び(スケール)を覚えれば
各音の位置をなんとか掴めそうな気がします。

ちなみに下の図は
黒枠のCメジャーのスケールを
Gメジャー(ファが#のスケール)に転調させた時です。

15フレット5弦の”ド”を
10フレット5弦の”ソ”までスケールごとスライドさせればOKなんですね。
(青で囲ったスケールと比較すると
ちゃんと”ファ”の音だけが半音ズレていますw。)

あとは指の運びは全く同じです。
緑の○がソです。
途中で転調させる時はピアノよりギターは楽なのかもしれません。

【練習方法】

好きな曲のエレキギターのパートを
練習するのが一番なのでしょう。

ただ、好きな曲というのが最近のアニソンなので、楽譜になっている可能性はないでしょう・・・

短いフレーズなら耳コピという手もあります。
長尺のソロはとてもムリでしょうね。
そもそも”音”の位置すらわからない状態では
お手上げです。

やっぱりスケールから練習するのが堅実で、長い目で見ると近道ということになりそうです。

と、回りを見渡すと
やっぱりこれかなぁというのがありました。

回次に続きます。

スポンサーリンク