夕暮れのコスモス

2018年10月14日エッセイ

今年は台風の当たり年です。

秋の台風は風台風が多く、
風台風の場合、建物、農作物への被害が大きくなります。
身近な植物への影響も大きいです。

たとえばコスモスです。

コスモスは、根本の幹の太さの割に長身です。

ただでさえ自重に耐えきれずへなっちゃってる場合が多く、台風の暴風雨にさらされた後などには、横倒しとなったコスモスをよく見かけます。

ただ、全滅となることありません。

横倒しとなったままでも、なんとか可憐な花を咲かせるところがエライところです。


下の方では横倒しになったコスモスが咲いています。

そんなコスモスが秋の夕暮れに咲いていました。



夕暮れの蒼い空を透かす白色のコスモスです。
なかなかステキな情景です。

華奢なのか、強いのか、よくわからないコスモス
健気さは伝わってきます。

10月1日に上陸した台風24号は、暴風雨だけでなく”塩害”をもたらしました。
通過後、雨が少なかったからです。

関東の沿岸から内陸部にまでその影響がみられ、付着した塩のため紅葉する前に葉を落とす木々、草が今年は多いそうです。

スポンサーリンク