【オールドレンズ】PENTACON auto 29mm F2.8 モノコーティング【レビュー】

日常の理系

【”らしさ”が足りなかった2本のオールドレンズ】

今年になって2本のオールドレンズを購入しました。

どちらも1960~1970年代に製造されたオールドレンズです。

金属のボディにガラスのレンズでズッシリ感
絞りとフォーカスがマニュアル
さらにHelios44はお姿からしてオールドレンズで使っててなんか楽しい

ただ・・・・現代でも十分通用する描写をします。
開放でもフォーカス部分はキリッとしてますし、背景のボケもキレイです。
(Helios44は撮り方によってはオールドレンズらしい「ぐるぐるボケ」が出ますが)

なので、心の片隅に「描写が柔らかいところはステキだけど、思ったほどオールドレンズらしくないなぁ」という思いがありました。

【PENTACON auto 29mm F2.8 モノコーティング】

そんな中、目に止まったのがペンタコンというレンズです。

[PENTACONの来歴]

旧ドイツのカールツァイスの来歴についてはHelios44に少し説明しました。

ソ連は、ドレスデンにあったカールツァイス社のコンタックス製造設備をイエナに移転させました。
そこでソ連の技術者・職人にコンタックス&レンズの技術を学ばせます。
ソ連はその習得した技術をもって、自国のキエフでカメラ・レンズの製造を始めます。
そしてイエナに残ったのが、カーツツァイス・イエナ(Carl Zeiss Jena)です。

東独の国営企業となったイエナに光学精密機器メーカーが統合されます。
統合されたのがトリプレットレンズで有名なメイヤーオプティックゲルリッツ(Meyer-Optik Görlitz)で、配下となったのがカメラメーカーのペンタコンでした。
ペンタコンの普及版カメラ用にメイヤーのレンズが供給されました。
その後メイヤーオプティックはペンタコンに吸収され、ペンタコン銘のレンズが生産されることになります。

 

今回のレンズは、そのPENTACON auto 29mm F2.8 モノコーティングというレンズです。

当時の廉価普及版カメラに付いていたレンズで、収差も滲みも周辺の流れも大きい
となれば期待大です。

その徹底した”甘さ”が再評価されているのか、値段は上がり気味らしいです。

【レビュー】


Panasonic G9につけたペンタコンです。

オールドレンズ然としたお姿です。
絞りリングの動きが時たま渋いことがあります。

G9では58mmの画角になります。

フィルター径は55mm

プロテクションフィルターとお遊びでレンズフードをつけてみました。

[コーヒーカップ]

開放撮りです。

もの撮りです。
これを撮ったときは「あ~~このレンズもダメかぁ」と思いました。
Helios44やタクマーとそんなに変わらない印象でした。

[鉄棒]

開放撮りです。

秩父にあじさいを撮りに行ったときのものです。

このレンズの印象を変えたのがこの画像
玉ボケ、滲み、流れ・・・なんか今まで見たこと無い背景が広がっています。
モネやルノアールといった『印象派の絵画』のようです。

[ギボウシ]

開放撮りです。

最短撮影距離が25cmというのもこのレンズの良いところです。

かなり寄れる印象になります。

バブルボケっぽいです。

[あじさい・ひまわり]

開放撮りです。

ボケの暴れっぷりがとにかくスゴイです。

「ひまわり」では背景のひまわりが扇風機みたいになっちゃってます

[でも絞れば・・・]

F4以上に絞って建造物・風景を撮ったのがこれです。

旧芦ヶ久保小学校です。

 

梅雨空に覆われた秩父市街です。
美の山公園からの撮影です。

山の稜線を意識してフォーカスしてます

 

横田基地・R16沿いのお店のショーウィンドウと、米軍ハウス風の家がある風景です。
ペンタコンは発色が濃いように思います。

どれも普通によく撮れてます。

もちろん等倍で見ると、周辺に”流れ”は確認できます。
Web上では、ほとんどわかりません。

[フレア]

いずれも逆光の写真です。
フレアが撮れているのは、デジカメで撮り始めて今回が初めてです。

ペンタコンはたしかにフレアが入り易そうです。

【まとめ 印象派の絵画のような・・・】

  • 濃いめの発色でコントラストが強め(今回の画像はトリミング以外No加工です。)
  • 逆光下でフレアが入りやすそう
  • 絞れば高画素機の恩恵もあって、高精細の画像が得られる
  • 一方開放F2.8での撮影では甘々で、構図によっては印象派の絵画のような背景ボケ(悪く言えば暴れるボケ)が得られる

これが今回のペンタコンのまとめです。

被写体と構図しだいで”時を巻き戻す”レンズになってくれそうな予感さえしました。

まさに”ザ・オールドレンズ”といった感じです。

実は購入以降、G9にはペンタコンがつけっぱなしになってます。

とても気に入ってます。

スポンサーリンク