【メドウセージ】シリカゲルでドライフラワーを作ってみました【ネコジャラシ・クローバー】

日常の理系

【自然乾燥ドライフラワー】

ラベンダーが大好きな私。

何年か前にラベンダーのドライフラワーを作ったことがありました。

「茎の根本で縛って、花を下にして日陰で干す」だけの簡単な方法で作りました。

イメージ的にこんな感じです。


グロッソラベンダーだったので、ラベンダーの花の色はこんなに色濃くなかったです。

 

自然乾燥させたラベンダーのドライフラワーは、どんどん乾燥が進み”枯れ”感が強くなっていきました。

ホコリもかぶり、最後はボロボロになって、ゴミとなってしまいました。

 

【シリカゲルでドライフラワーを作る】

2020年、例のウイルスのせいで、依然お休みが不定期だった7月上旬の頃

たまたま見ていたお昼の番組(日本テレビ・ヒルナンデス)で、「専用のシリカゲルでドライフラワーを作る」という企画を放送していました。

そのドライフラワーの特徴は

  • お手軽に始められる
  • 工程も簡単
  • 花の色が残る

ということです。

注目したのはお花の色が残ることです。

そして百均のアンティーク瓶に入れて保存できることです。

 

この企画が放送された時、もうお庭のラベンダーは剪定が終わっていました。

サルビア・ガラニチカ(メドーセージ)だけが咲いていたので、メドーセージを使ってドライフラワーin bottleを作ってみることにしました。

スポンサーリンク

【用意するもの・方法】

[用意するもの]

  • ドライフラワー用乾燥剤
  • 百均のタッパー
  • 百均の小瓶(セリア)

これだけです。

パッケージに印刷されているように、乾燥剤は再生可能です。

今回使用したタッパーは、蓋をはめ込むだけの簡単なものです。

パッキン付きのタッパーなら、よりイイかもしれません。

[乾燥方法]

乾燥方法も簡単です。

・タッパーに、シリカゲルを適量敷いて、メドウセージをいれます。

シリカゲルの湿度マーカー(?)が、青いうちは乾燥可能です。湿度を吸うと赤くなります。

 

・残りのシリカゲルを全部入れて、タッパーを閉じます。

 

・乾燥期間は1~2週間ほどです。今回は2週間放置しました。

 

これで終了です。

 

乾燥した植物は思ったよりしっかりしています。

植物の種類にもよるのでしょうが、取り出すときは、さほど慎重さは必要としませんでした。

 

乾燥を急ぐ、または花びらや葉が厚い植物の乾燥をするときは、シリカゲルと植物が入った状態で、レンジでチンしてから乾燥するといいそうです。

 

私は日当たりのいい窓際に置いておきました。

注意)

このドライフラワー用乾燥剤は微粉末のシリカゲルです。

使用の際、かなり粉塵が飛びます

野外で、マスク着用で作業したほうがいいと思います。

 

【小瓶でディスプレイ】

シリカゲル乾燥したメドウセージを、百均(セリア)で売っていた小瓶に入れてディスプレイしてみました。

2週間乾燥させていますが、色がかなり濃く残っています。

一見ドライフラワーには見えないほどのナチュラルな状態です。

多少弾力性も残されています。

メドウセージをすぼめて瓶に挿入しました。

瓶の底にツボミ?が一個落ちてしまっている以外は、無難に入れることができました。

 

望外のできにすっかり気をよくした私。

夏の雑草でシリカゲルドライフラワーを試してみました。

スポンサーリンク

【ネコジャラシとクローバー】

空き地でよく見かけるのがネコジャラシ(エノコログサ)です。

夏草といえばネコジャラシというイメージが私にはあります。

ただ、夏のお盆すぎには、このように茶色くなってしまいます。

シリカゲルで乾燥するとどうなるのか。

とても興味があったのでドライフラワーにしてみました。

秋口には、梅雨頃から生えた個体でしょうか、緑色のキレイなネコジャラシがみられます。

それを利用することにしました。

同じく秋口に再び咲くクローバー(アカツメグサ)も一緒に乾燥してみることにしました。

乾燥を始めて2週間後です。

ネコジャラシが緑色してます!!

 

小瓶に入れてディスプレイしてみました。

ネコジャラシだけにしておけばよかったかなと思いました。

挿入するときに、クローバーの葉が落ちてしまいました。

小瓶のクローバーは、仕上がりが繊細で、とてもカワイイです。

【まとめ】

初心者でも、特に気にすることもなく、それなりのディスプレイができてしまうのが、シリカゲルドライフラワーのいいところです。

葉の緑色も、これほど残っているのが不思議なくらいです。

かすみ草みたいな花と葉が小さい植物が、シリカゲルドライフラワーに向いていると思いました。

一方で来年の初夏には、バラのドライフラワーに挑戦してみたいです。
ネットで、バラのドライフラワーの作例をたくさん見かけましたので(*^^*)

またシリカゲルの再生方法も検討中しています。

[どのくらい持つの?]

上の写真に、乾燥し終わってから2ヶ月たったメドウセージが写ってます。
上部の花が、下に落ちているのがわかります。

紫外線には当てないようにしていましたが、脆い感じはします。

このまま経時変化を観察してみたいと思います。

私としては秋~冬ワンシーズン、保てばいいかなと思ってます。

スポンサーリンク